安心立命 

奇跡講座の実践と気づきについて

オルフェンズ

歌は昔の記憶を呼び覚ましてくれます。

 

それが何かのテーマソングだったりすると、

 

それを観ていた時の記憶が鮮明に蘇ります。

 

その昔「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」というアニメがありました、

 

私はガンダムシリーズが好きで、

 

大抵見てるんですが、

 

この作品は今までのガンダムとは異質な作品でした。

 

キャッチコピーは「いのちの糧は、戦場にある。」

 

言うなればガンダム+ヤクザ映画、

 

そのテーマソングだったのがUruの 『フリージア』です。

 

当時もよく涙が出てきたのですが、

 

久しぶりに聞くとまた涙がでてきました。

 

そして当時は分からなかったことが、

 

わかってきました。

 

オルフェンズ(orphans)とは「孤児たち」という意味の英単語です。

 

私は自分のことを、

 

神から捨てられた孤児(みなしご)だと思っています。

 

当時この作品の描く残虐な世界と、

 

その世界を変える力(暴力)に魅了されていました。

 

孤児達は絶望し人から奪うことで、

 

幸せになれるのだと思いました。

 

そして利害を共有するもの達で、

 

組織を作り他の組織との抗争を始めます。

 

奪い続けなければ奪われるからです。

 

私はそれを仕方がないと感じながら、

 

こんなはずではなかったと、

 

涙が出るのです。

 

しかし今はわかります。

 

私は孤児などではないと、

 

心の中の神の記憶が語りかけます。

 

漂う宇宙(そら)のどこか遠く

祈り通ずる惑星(ほし)があるとしたら

僕らはそこへ向かうだろうか

そして何を祈るのだろう

果たせなかった約束や

犠牲になった高潔の光

残る物など何もないとしても

今は信じた道をただ進め